line
HOME > 議員としての取り組み

議員としての取り組み

清川村の将来構造を見据えたなかで前向きな活動をして行きたい。

清川村がよりよくなるため

自然を生かし、自然と共存する

生涯学習センターや保健福祉センターなど拠点施設のハード整備がほぼ終るにともない、これからはソフト事業として、「人づくり」が重要であると考えます。
これまでは、高度成長の流れの中で、行政主導の村づくりを進めてきましたが、これからは改めて、村民、民間の力や、若い人達のチャレンジ精神を積極的に活用した村づくりを進めていかなければと思っています。
そのために議員として、自然あふれる中での高度情報化の推進活動、若い人たちの定住促進のために各種団体活動を通して連携のコーディネート、お年寄りの方を敬い、郷土愛を伝承、安心・安全な生活のために消防・防災・防犯の活動に従事、産業振興のために村内商工業関係者との交流、地方分権改革推進の ため広域的な人的交流など清川村の将来構想を見据えた中で前向きな活動をしていきたいと思っています。

清川村の将来構想を見据えた中で前向きな活動をして行きます。

清川村の将来構想を見据えた中で前向きな活動をしていきたいと思っています。

清川村の将来の村づくり

自然を生かし、自然と共存する

清川村の将来の村づくりについては、本村においても少子高齢化が進んでいる。
小規模な住宅開発により、人口の減少は見られないが、義務教育における児童・生徒数は減少しているのが実情であります。
村の活性化、そのためには、更なる子育て支援、若い世代の新たな呼び込みが必要と考えます。また、村で生まれ育った方の独立や結婚による離村対策にも力をいれていかねばならないと考えます。それとともに、産業の振興が不可欠であり、地域活動の中心的役割を担わざるをえない村内事業者や村内就業者の適正確保のための支援を期待し、提言をしていきたい。 抽象的になりますが、住んでみたくなる、住み続けてみたくなる清川村らしい魅力を創造していく。田舎をイメージさせるのでなく、都心に近い、県においても地理的中心部であり、先進的機能も備えた水と緑あふれる都市近郊の村、自然都市のイメージを確立させた中で村内外にアピールしていければ良いのでなないでしょうか。
また、地方分権改革が進展していく中で、小規模自治体が単独で全てを行っていくことが困難になりつつあります。いろいろな方面での広域連携の模索が必要であると考えます。そのために広域的な人的交流を深め、議論を交わしながら、調査・研究し、研鑽を深めていきたいと思っています。

このページの先頭に戻ります。
このホームページのトップページへリンクします。/プローフィールのページにリンクします。/議員としての取り込みのページへリンクします。/村上俊光のブログへリンクします/お問い合わせはお気軽にどうぞ。
幸せの七つ星てんとうみんなの幸せを願い小さな体でコツコツと 光り輝く清川を
  • 健やかな子どもたちの育成を
    願います
  • 健全な無駄のない行政改革を
    訴えていきます。
  • 健康で安心安全な生活を
    求めていきます。
line